03-5541-8138

電話応対は平日10:00~17:00ですが、21時まではオンラインで営業しております。営業時間外のご注文は、翌営業日の受付となります。

E-MAIL:shashin@asahi.com

FAX:03-5541-8139

  • TEL
  • MAIL

ようこそ、フォトアーカイブへ  こんにちは。      

  • カートを見る
  • 注文へ進む

ご利用ガイド

特集

脚本家、橋田寿賀子さん死去。95歳

テレビドラマ「おしん」「渡る世間は鬼ばかり」などのヒット作を書いた脚本家の橋田寿賀子(はしだ・すがこ、本名・岩崎寿賀子=いわさき・すがこ)さんが、4日、急性リンパ腫のため死去した。95歳だった。 1925年、ソウル生まれ。日本女子大と早大を卒業後、松竹をへてフリーの脚本家になり、テレビドラマの脚本を書き始めた。「愛と死をみつめて」(64年、TBS系)「ただいま11人」(同)などが大ヒットし、人気作家に。嫁としゅうとめの関係をシビアに描いた「となりの芝生」(76年、NHK)で辛口ホームドラマの路線を切り開いた。 明治から昭和を生き抜いたヒロインを通し、日本の歩みを問うたNHK連続テレビ小説「おしん」(83年)は、最高視聴率62・9%、平均視聴率52・6%を記録。大ブームを巻き起こし、東南アジア、中東など世界の40カ国以上で広く放送された。 「おんな太閤記」(83年)、「いのち」(86年)、「春日局」(89年)などNHK大河ドラマでも女性の視点を貫き、90年に始まった「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)は20年にわたって放送される人気シリーズに。80歳を超えても旺盛な創作意欲は衰えなかった。

日付をコピー

最近1週間 最近1ヶ月 最近1年間 日付指定をクリア 全ての条件をクリア

検索

ログインすればすべての写真・動画が検索可能です。IDをお申し込みください。

  • 法人新規ID登録
  • 法人ログイン

ログインすればすべての写真・動画が検索可能です。IDをお申し込みください。

法人新規ID登録 法人ログイン

検索結果 42件 検索結果 42件

1~42件目を表示

  • 1

1~42件目を表示

  • 1

1~42件目を表示

  • 1

1~42件目を表示

  • 1
  • カートを見る
  • 注文へ進む

このサイトに掲載された内容は、日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。掲載記事・写真の無断転載・転用を禁じます。
Copyright © The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.